« 『正倉院展』に因んだ料理① | トップページ | クコの実が生りました! »

『正倉院展』に因んだ料理②

種々薬帳』とは…東大寺の大仏様に光明皇太后が献納した薬の

目録で、皇太后は病弱であった夫、聖武天皇が無事に極楽浄土に

行けるように、当時ではとても貴重な薬60種を献納したようです。

薬物はほとんどが唐からの輸入品だと言われています。

その薬物は21個の木箱に入れられていて、そのうち現存する

物は38種、植物性、動物性、鉱物性、化石などです。

今回のコースで使用している生薬は、「ズイ核:バラの実」、

Img_0263_2 「人参:朝鮮人参」、「ヒハツ:胡椒」、

「桂心:シナモン」、「甘草:食用とれている花

の蕾(金針菜)を使用」、「ショ糖:サトウキビ

等の砂糖」などに加え、現代漢方で使われている「葛根:くず」

「真珠粉」、「烏骨鶏スープ」、「龍眼肉」、「ナツメ」、「蓮の実」

「生姜」、「岩茸」他、少量づつ多種類の食材を使用しています。

是非一度、お試し下さい。コースは当日の予約も承っております。

正倉院展期間中は込み合う時間がございますのでご予約下さると

ゆっくり召し上がって頂けます。

|

« 『正倉院展』に因んだ料理① | トップページ | クコの実が生りました! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188849/16943519

この記事へのトラックバック一覧です: 『正倉院展』に因んだ料理②:

« 『正倉院展』に因んだ料理① | トップページ | クコの実が生りました! »