« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

よもぎ(蓬)

よもぎ(蓬

Img_0325_3  キク科、生薬名:艾葉 がいよう

身体を温める、止血作用あり
葉から作るモグサで灸をすえると血の巡りが良く
なる。早春に若い葉を摘んで草餅に。葉には、
シネオール等の精油のほか酵素や多糖類、ビタミン、
各種ミネラルを含む。茎葉を入浴剤として使うと良く温まり、
腰や膝の痛み、打ち身、消炎、美肌などに効果があると言われる。

若い葉は柔らかく、香りも良く天婦羅にすると爽やかな香りが
口の中に広がります。まさに東洋のハーブです。桜海老と一緒に
寄せ揚げにすると、まさに春の味です。

Img_0326 雪の下

ユキノシタ科、生薬名:虎耳草 こじそう

民間薬として、激しい咳や、腫れ物、漆かぶれ他
に効果。葉にはフラボノイドのサキシフラギンの他、硝酸カリウム、
塩化カリウムなどを含む。これも天ぷらにして美味

春の山菜としてフキノトウやタラの芽などは食べられる機会が多いと
思いますが、身近なヨモギも意外と美味ですよhappy02
アクの少ない若く柔らかい葉をお勧めします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »